JavaScript

[Script]switch文で分岐する場合の注意事項

 JavaScriptの変数自体に型は無く、格納されている値によって型が決まります。

 比較演算子を使って比較する場合は、自動的に型変換を行って比較するため、1と"1"の比較結果はtrueになりますが、switch文を使う場合は、自動的な型変換が行われないため、そこに留意してプログラムを組む必要があります。

 例えば、Cookieやフォームから読み込んだ値を整数として使用したい変数valueに格納し、switch文を使って分岐する場合は、明示的に型変換しておく方が良いでしょう。

 以下に、簡単な例を示します。

  switch( parseInt(value) ) {
    case 0:
        (処理)
        break;
    case 1:
        (処理)
        break;
    default:
        (処理)
  }

| | コメント (0) | トラックバック (0)