Java

【Java】Java6 Update7でのアプレット動作確認

 ミコエースとスライドショーアプレット、MIDIプレイヤーアプレットがJava6 Update7でも正常に動作することを確認しました。(IE6、Firefox3)

 スライドショーメイカー、MIDIプレイヤーメイカーで作成したコンテンツはミコエースを使用していますので、これも正常に動作します。

 関連リンク:ミコエースサンプル

 関連リンク:スライドショーアプレットサンプル

 関連リンク:MIDIプレイヤーアプレットサンプル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Java]Java 6 Update 6 がJava.comで公開

 FirefoxへJavaをインストールする際にトラブルの発生してたJava 6 Update5のアップデート版Update6がようやくJava.comにて公開されました。

 以下のリンクからJavaの実行環境を最新版にアップデートできます。

 http://java.com/ja/download/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Java]JRE6アップデート6が公開

JRE6アップデート6が公開されました。

Firefoxユーザは、JRE6アップデートをインストール後、アプレットが動作しなくなるなどの不具合に悩まされましたが、これでようやくひと安心です。

もっとも、まだ、開発者向けなので、Javaの無料ダウンロードサイトではなくて、Sunのサイトからダウンロードして組み込む必要があります。

http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Java]【重要】FirefoxでJREを最新にするとアプレットが動作しなくなる問題

 Firefoxをご利用の場合、最新のJRE(1.6.0_05)を導入するとアプレットが動作しなくなるとの報告を受けました。調査しましたところ、Firefoxのプロキシ設定が「インターネットに直接接続する」となっている場合は、JREのネットワークプロキシ設定を「ブラウザの設定を使用」から「直接接続」に変更すれば動作するようになります。

 本情報は、JREまたはFirefoxで対策がとられるまでの対処方法としてご紹介します。なお、参考までにWindows環境でご利用の場合の設定変更方法を以下に示します。

  • コントロールパネルからJava(TM)コントロールパネルを開く
  • 基本タブのネットワーク設定ボタンをクリックしてネットワーク設定ダイアログを開く
  • ネットワークプロキシ設定を「ブラウザの設定を使用」から「直接接続」に変更して「了解」ボタンをクリックしてダイアログを閉じる
  • Java(TM)コントロールパネルでも「了解」ボタンをクリックしてダイアログを閉じる

 情報出典:おしえて BP! FirefoxでJavaをアップデートしたら致命的な不具合が!
 http://oshiete.nikkeibp.co.jp/qa3846255.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Java]はじめてのJavaアプリケーション(1)

はじめに

 他の言語でアプリケーションを作ったことはあるけど、Javaでアプリケーションを作るには、具体的にどうやるのかという質問をよく受けます。これまで読んだ文献にもさわり程度は書いてあるのですが、本格的なアプリケーションを作るには不十分かなと思うことが多々ありました。そこで、具体的なJavaアプリケーションの作り方についてお話ししようと思います。

 今回は、アプリケーションを作成するにあたって、是非とも押さえておかなければならないJARファイルとマニフェストファイルについてお話します。

JARファイル

 え、JARファイルってZIPのようなアーカイブファイルじゃないの?と疑問に思われるかもしれません。実は、Micorosoft Windows環境にJavaランタイムを導入すると、JARファイルをJava実行プログラムに対応付けをするため、JARファイルをダブルクリックするとJARファイル中のアプリケーションが自動的に実行されるのです。

 ただし、JARファイルをアプリケーションとして実行するためには、JARファイルにどのクラスが実行開始クラスであるかを示すマニフェストファイルを含める必要があります。

マニフェストファイル

 マニフェストファイルには、拡張機能およびパッケージ関連のデータの定義を行いますが、アプリケーションの場合は、マニフェストのバージョンと実行開始クラスを指示するMain-Class属性を定義します。以下に、Test.classを実行開始クラスとする場合の例を示します。

Manifest-Version: 1.0
Main-Class: Test

 ここで、実行開始クラスに.classを記述しない点に注意してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Java]共通DOMAPIをFirefoxで使用する場合の注意事項

Javaアプレットでは、JSObjectの他に共通DOMAPIを使用して、CookieやForm等にアクセスできます。

ただし、Firefox(Mozzila)で使用する場合は、mayscript属性を設定する必要があります。

以下、ミコソフトのCookie&Formアクセスライブラリを使用した記述例です。

<APPLET code="CookieAccess.class" archive="MicoLib.jar" width="360" height="200" mayscript></APPLET>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Java]ホームページビルダー11の問題

 ホームページビルダー11でAPPLETタグを使用してアプレットを使用する場合、コードパラメータで指定するクラス名とアーカイブパラメータで指定するアーカイブ名が異なっていると、HTML保存時にコードパラメータで指定したクラス名をアーカイブパラメータに上書きするという問題がある。

 関連するアプレットをひとつのアーカイブに入れるのはごく普通のことであるし、ダウンロードを一回で済ませられるメリットもある。

 これを回避するにはコードベースを指定すればよい。

 ただし、「./」じゃあダメで、ドキュメントベース以外のディレクトリにアプレットアーカイブを配置する必要がある。

 先日のアンケートで問題点として指摘しいるのでそのうち対策されると思うが、それまでのつなぎ対策としてメモしておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Java]ローカル環境でコードベース指定してAppletを使用する場合のポイント

 ローカル環境を前提としてアプレットを利用するケースでは、コード管理上の理由及びHTMLページ変更毎にアプレットがロードされることを防ぐために、アプレットモジュールを一箇所にまとめたい事がある。

 このようなケースでは、アプレットで使用するファイル類をコードベースディレクトリ以下に配置する。

 通常データファイルはドキュメントベースからの相対ディレクトリで指定するようにアプレットを作成するため、データファイルを指定する相対パス文字列がやや長くなるが、これでセキュリティ上の制約は回避できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Java]Appletから自クラスが格納されたJarファイル名を取得するには?

 Appletプログラムから自クラスが格納されたJarファイル名を取得するには、AppletクラスのgetParameterメソッドの引数に"archive"を指定して取得します。

 また、Jarファイル内のリソースにアクセスする場合のURLは、以下のようになります。

"jar:" + コードベース + Jarファイル名 + "!/" + リソースパス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Java]Swingコントロールに対して安全に変更を行うには?

 JavaのAPIドキュメントにも書かれていますが、Swingコントロールは、スレッドに対して安全ではありません。

 従って、プログラムからSwingコントロールに対してデータの変更(例えば、JListに対してデータを設定したり、選択を変更したりする等)を行う場合は、SwingUtilities.invokeLaterを使用して、保留中の処理が無くなってからデータの変更をかけるようにします。

 以下にJListで作成したlistBoxの値valueを選択する場合の具体例を示します。

  Runnable doSelectList = new Runnable() {
    public void run() {
      listBox.setSelectedValue(value, true);
    }
  };
  SwingUtilities.invokeLater(doSelectList);

| | コメント (0) | トラックバック (0)