« [日記]備忘録 | トップページ | [Java]ホームページビルダー11の問題 »

[Java]ローカル環境でコードベース指定してAppletを使用する場合のポイント

 ローカル環境を前提としてアプレットを利用するケースでは、コード管理上の理由及びHTMLページ変更毎にアプレットがロードされることを防ぐために、アプレットモジュールを一箇所にまとめたい事がある。

 このようなケースでは、アプレットで使用するファイル類をコードベースディレクトリ以下に配置する。

 通常データファイルはドキュメントベースからの相対ディレクトリで指定するようにアプレットを作成するため、データファイルを指定する相対パス文字列がやや長くなるが、これでセキュリティ上の制約は回避できる。

|

« [日記]備忘録 | トップページ | [Java]ホームページビルダー11の問題 »

Java」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224706/17126202

この記事へのトラックバック一覧です: [Java]ローカル環境でコードベース指定してAppletを使用する場合のポイント:

« [日記]備忘録 | トップページ | [Java]ホームページビルダー11の問題 »